好きなカラーだけで選ぶインテリアは自己満足に過ぎない

趣味がインテリアであれば、誰の意見も取り入れずに好きなものを購入すれば良いだけです。しかしそこに人を招くようなことになると、一気にセンスを問われる問題になります。もしモテたいと考えている男性であれば、なおさらです。だからこそインテリアのカラーについて知識を深めるようにすることをおすすめします。

部屋との統一感がないとわちゃわちゃする

赤と青と黄色や白が混合したような部屋になると、明るすぎるイメージを与えることになります。インテリアで部屋の見栄えをすることができますが、そのカラーに統一感がないと落ち着けない空間になることを意識しておきましょう。

なるため色をまとめるほうが、おしゃれになります。ビビットカラーを取り入れるのがおしゃれと勘違いしないでください。

3色に絞るのが落ち着いた色になる

好きな色もあるでしょうが、なるたけひとつの部屋を3色にまとめると、落ち着きがでると言われています。部屋の内装との色に合わせたインテリアを購入することになりますが、明るい好きな色は小物に用いると良いアクセントをつけます。

好きな色は小物に取り入れると良い

好きな色が明るい場合は、コップやソファのクッションなどに用いるとアクセントつけることができます。明るい内装であれば家具にその色を用いるのも違和感はありませんが、ほとんどが落ち着いた内装になっていますので現状ではそれに合ったインテリアを見つけるしかありません。

部屋の内装に合わせたインテリアを購入しよう

印象を良くもたせるには、部屋の内装に合わせた家具を用いることが大切になります。好きな色が明るい場合は小物に取り入れ、なるたけ3色に絞ることで奇抜な部屋の印象を与えずに済むでしょう。